健康維持に便利な飲み物

手間がかからず手軽

飲み物

健康的な成人が、その健康状態を保つためには、1日に350g分もの野菜の栄養分を摂取する必要があると言われています。350gの野菜が具体的にどのくらいの量なのかというと、両手の平に乗せることができるくらいです。1日にこれほどの量の野菜を食べることは簡単ではありませんし、もちろん新鮮なものを購入してくる手間も、調理の手間もかかります。そのため手軽に野菜の栄養分を摂取できる青汁には、高い人気があります。多くの健康食品メーカーが青汁を販売していますが、いずれも栄養価が高く、1〜2杯飲むだけで、350g分の野菜の栄養分を摂取できるのです。1箱に1ヶ月分ほど入っている場合が多いですし、粉末状のものを溶かすだけで飲めるので、日々の購入や調理の手間もかかりません。

ビタミンやミネラルが豊富

野菜は植物ですから、根から栄養分を吸収し、それを茎や葉に届けることで、どんどん成長していきます。つまり野菜の茎や葉には、野菜を実らせる栄養分が、たっぷりと詰まっているわけです。その茎や葉を使って作られた飲み物が、青汁です。具体的には、ビタミンB群やビタミンCなどのビタミン類、鉄分やカリウムなどのミネラル類が、豊富に詰まっています。ビタミン類には免疫細胞をしっかりと働かせる力が、鉄分には血液を作る力が、カリウムには老廃物の排出により臓器を守る力があります。いずれも、色々な病気を防ぎ、健康状態を維持するためには必要な栄養分なのです。そのため青汁を、1日に1〜2杯飲むことで健康維持をしている人は多くいます。健康維持だけでなく、弱った体の回復を促すためにも、青汁は役立てられています。